2014年 01月 04日 ( 2 )

5日目 ザルツブルク ウィーン

10月9日(日) 5日目

     世界遺産ザルツブルク観光 
     ウィーンの森観光


今日もグレーな天気 (以前はかなりの晴れ女だったのに・・・)
d0010048_21522777.jpg

ミラベル宮殿の庭園 (ミラベルとは、ドイツ語で「美しい眺め」という意味です)
d0010048_21545234.jpg
この景色を見て「映画で見たことがある」と思うあなたはかなりの映画通ですよ。
この庭園が、サウンド・オブ・ミュージックの重要な場面に使われています。
ペガサスの泉
d0010048_21562980.jpg
この泉の周りをドレミの歌を歌いながら回り、マリア先生と子どもたちの心が通じ合う印象的な場面です。
d0010048_21591846.jpg

私たちは反対から入りましたが、映画ではここ↓から入ってきます。
d0010048_21595576.jpg

そして、歌の最後にステップを踏んでいた階段がここ↓
d0010048_1441933.jpg
本当は一番最初に載せる写真ですが、映画の説明の為に最後に持って来ました(笑)
  ところで、この写真の上の写真に何か白い物が写り込んでいますね。
  これって、何でしょうね~?



ザルツブルク旧市街 ゲトライデ通り
d0010048_1444614.jpg
鉄細工の看板が素敵です♪
d0010048_1444383.jpg

マクドナルドの看板
d0010048_1445019.jpg
お洒落ですね。
この通りに、モーツァルトの生家がありました。
d0010048_14452940.jpg
この建物の4階で生まれたそうです。
入り口
d0010048_14455797.jpg
右側にある3本の棒状のハンドルに注目。
ワイヤーが繋がれていますね。
d0010048_16373257.jpg
これで、上の階の住民に訪問を知らせることができるそうです。
引っ張るとベルが鳴るのかな?(定かではありませんf(^_^;)

レジデンツ(宮殿)広場
d0010048_14472224.jpg
アトラス神の噴水
州庁舎の鐘楼 (たくさんの鐘が見えます)
d0010048_14475678.jpg
美しい鐘の音を聴くことができましたよ。
d0010048_14521724.jpg


午後からはウィーンの森観光です。
最初にカ-レンベルクの丘
d0010048_14482549.jpg
ここから、ウィーン市街が一望できます。
絶景が見える筈でしたが、霞んでいてあまりきれいに見えませんでした。
d0010048_14484446.jpg

ウィーン市街は、かなりごちゃごちゃしていますね。
d0010048_1449865.jpg


次に、ベートーベンゆかりの地を訪ねました。
ベートーベンはかなりの引っ越し魔だったそうです。
そして、眺めの美しい部屋が好きだったそうです。
d0010048_14493328.jpg
その中のひとつが遺書の家と呼ばれているこの家。
中はベートーベンの記念館になっています。
d0010048_14495666.jpg

これが、次第に悪化する聴覚に絶望して弟に宛てて書いた自筆の遺書。
d0010048_14501526.jpg


次はベートーベンの散歩道
d0010048_14531637.jpg

この道を歩きながら、交響曲「田園」の構想を練ったと言われています。
d0010048_1454151.jpg
Pokoさんはこの道を歩きながら、夕食のことばかり考えていました(>_<)
だって、お腹ぺこぺこだったんだもん042.gif

やっと夕食の時間/(^◇^;)
ベートーベンゆかりのホイリゲ「マイヤー・アム・プファールプラッツ」
d0010048_14551470.jpg
ホイリゲとはワインの造り酒屋が自家製ワインと食事でもてなすお店のことをいいます。
お店が営業中のときは、写真のように松の小枝が吊るしてあります。

d0010048_14554055.jpg
雰囲気ありますね。

このグラス(の写真)を見る度に「猫」に見えて仕方がないPokoさんです(笑)
d0010048_1456294.jpg
ツアーの皆さんと一緒に食べる最後の夕食。
d0010048_1573528.jpg

一人分じゃないですよ。
d0010048_14572960.jpg

d0010048_1458548.jpg

中三トリオの失敗談も酒の肴にされ(汗) 和やかで楽しいゆうげになりました。


さてさて、明日は最終日です。 ★こちら★
by poko3yo | 2014-01-04 22:35 | ドイツ・オーストリア2011 | Comments(0)

4日目 ザンクト・ボルフガング ハルシュタット

10月8日(土) 4日目

      シャーフベルク登山鉄道とボルフガング湖畔観光
      ハルシュタット湖遊覧・ハルシュタット散策


今日はPokoさんが楽しみにしていたハルシュタット観光があります♪
それに、シャーフベルク山頂では大自然の絶景が楽しめるらしい。
ところが・・・天気が・・・よろしくない(-"-)
がっかりの天気
こんな空を期待していたのに・・・
d0010048_17254029.jpg
 (合成です(笑))

でも、移動中に晴れるかもしれない。
晴れてくれ~!(いえ、晴れてくださ~い!)
と、祈りながら朝食を頂きました。

・・・と。
ここでまたドジを。
(いや、実際はドジを踏みかけただけ)
ゆで卵に振りかけようとお塩の容器を取ったPokoさん。
(もう、どんなドジか分かったって?)
でも、何かヘンだな?と、直接かけずに取りあえずお皿に。
で、舐めてみた。

お砂糖だった・・・
穴が大きい筈だ。
直接かけなくて良かった・・・
今度は間違いなくお塩を振りかけて食べました。
(ツアーの皆さんにバレずに良かった)

ふと前方を見たとき、添乗員さんと目が合いました。
はい。全部見ていたそうです(>_<)
で、ツアーの皆さんにもバレてしまいました(汗)


一縷の望みを抱きながら、バスでザンクト・ボルフガングへ
でも、進んでも進んでも一向に良くなる気配がありません。
願いが叶わぬまま、シャーフベルク登山鉄道の乗車口に着きました。
なんと、山頂は雪! とのこと。
結局、登山鉄道列車は動きませんでした。

代わりにボルフガング湖遊覧になりました。
d0010048_18221894.jpg
でも、ほとんど景色は見えませんでした(>_<)

d0010048_18231424.jpg
しかたがないので、船の中でコーヒー&おしゃべりタイム「(^^; )
d0010048_18243073.jpg
「画像が小さい!」というクレームは受け付けません(きっぱり!)

d0010048_18253738.jpg
ツアー中仲良くしていただいたご夫妻。
「暗い!」というクレームは受け付けませんf(^_^;
ご主人はご趣味の一眼レフでパシっパシ撮影していました。

昼食は、オペレッタ「白馬亭にて」の舞台となったレストランで。
   (Pokoさんは観たことがないけど^^;)
d0010048_0561577.jpg

d0010048_18324010.jpg

d0010048_18341855.jpg

==========

昼食後、雨のボルフガングを後にして、ハルシュタットに向かいます。
ハルシュタット(Hallstatt)の「Hall」とはケルト語で「塩」のこと。
「Statt」とは、ドイツ語で「場所」のことです。
塩の町ハルシュタットには、世界最古といわれる 2500年以上も前の岩塩坑があり、現在も採掘が行われているそうです。
しかし、Pokoさんが楽しみにしていたのは、「塩」ではありません。
湖に映る山や町並みがとても美しく「世界で最も美しい湖」ともいわれてい るこの風景を、昔から憧れていたのです。
d0010048_14262261.jpg
(イメージ画像です)
ねっ!神秘的で素晴らしい風景でしょ?
いつかは行きたい!と思っていたハルシュタット湖畔がもうすぐ!
心躍らせて遊覧船に乗りました。
d0010048_0593996.jpg
あれ?・・・期待が大きすぎた?何だかイメージが違う・・・暗い

肝心なことを忘れていました。
今日は朝からがっかりの天気だったんだ。
でも、雨が上がっただけマシ・・・か。
d0010048_110278.jpg

おぉ!虹~~~!!
d0010048_1105943.jpg

湖を挟んでかかる虹(ちょっと薄いけど)
d0010048_1114456.jpg

船から降りて、ハルシュタットの小さな町を散策します。
青空が見えてきた~!神様、ありがとう~!
d0010048_1121163.jpg

d0010048_1638571.jpg

d0010048_16584082.jpg

d0010048_1652578.jpg

でも、晴れ間が覗いたり雲が覆ったりとクルクルと天気が変わります。
d0010048_16404074.jpg

d0010048_16412019.jpg


d0010048_136252.jpg

ハルシュタット一番のビューポイントですが・・・
d0010048_1251274.jpg
湖が山の影になって暗く、教会や建物が湖に映っていません(泣)
おまけに望遠で撮ったのでブレブレ(大泣)

こんなもんですよ。
あまり期待すると期待外れに終わるのです。
でも、お天気に恵まれたら・・・
きっと素晴らしい景色が広がったはず!
ハルシュタットに対する憧れは今も色褪せません。

旅行中、唯一出逢った黒猫さん053.gif
d0010048_1643520.jpg
首輪をしていたので、どこかのお家の猫さんでしょう。
猫好きのPokoさん。
テンションが上がったのは言うまでもありません(笑)

==========

明日は世界遺産ザルツブルクとウィーンの森観光です。 ★こちら★
by poko3yo | 2014-01-04 16:16 | ドイツ・オーストリア2011 | Comments(0)

Pokoさんの旅行記


by poko3yo
プロフィールを見る
画像一覧